マツバギク


花言葉は 愛国心。 大切な日本を愛さねば!

南アフリカ原産で明治時代に導入された多年草。名前の由来は、葉がマツバ(松葉)に、花がキク(菊)に似ることから。匍匐してしマット状に広がる。葉は円筒形で多肉質。高温や乾燥に強い。花壇や鉢植えなどで利用される。デロスペルマ属(Delosperma cooperi)のものは耐寒性マツバギク、ラプランサス属(Lampranthus spectabilis)のものはマツバギクと呼ばれる。

です。