ボタンクサギ

ボタンクサギ。花言葉は、清楚。

中国南部原産の落葉低木。名前は、ボタン(牡丹)のような花を咲かせるクサギ(臭木)の意。6-10月に枝先に半球状に花序をだし、1cm程の淡紅色の花を多数つけます。花冠は5裂。葉は対生し、葉身は8-15cmの広卵形。花には芳香があるが、枝や葉には強い臭気があります。庭木などで植栽さます。

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。ただし、株元に強く日が当たる場所を嫌うので、土地によっては午前中は良く日が当たり、午後からは陰になるような場所が適しています。半日陰の場所でも特に問題なく育ち、花も良く咲かせます。具体的には、アジサイが元気に育つ環境で同じように育ちます。

耐寒温度は-5℃と比較的寒さには耐えますが、どちらかというと暖かい地域に適した植物です。露地に植える場合は関東地方より西の地方に限ります。それ以外では鉢植えにして冬は屋内などに移動させた方がよいでしょう。