フウリンブッソウゲ

フウリンブッソウゲ。花言葉は、繊細な美。

アオイ科の常緑低木。名前の由来は、花柄がフウリン(風鈴)に似ることから。花の煮汁は洗眼薬、葉は解熱剤に利用されたそうです。

フリンジドハイビスカスとかコーラルハイビスカスとも呼ばれます。

アオイ科フヨウ属 

ハイビスカスは1日草ですが、フウリンブッソウゲは何日も咲きます。

夢の島熱帯植物館にて撮影。