ゲンペイカズラ

ゲンペイカズラ。花言葉は、親友。

熱帯アフリカ原産で明治時代に導入されたつる性の花木です。名前の由来は、白色の萼と紅色の花弁を源平の旗に見立ててたそうです。白色の萼片の先に紅色の花弁がつき、先は5裂します。紅色の花弁が散ると、萼はピンクになります。三陽メディアフラワーミュージアムと、板橋区立熱帯環境植物館で撮影しました。

シソ科クレロデンドルム属