十月桜

十月桜。花言葉は、神秘的な心、寛容。

マメザクラとエドヒガンの種間雑種とされる園芸品種。名前は十月頃に開花する桜の意。秋と春に二度開花する。春に咲く花のほうが大きい。葉腋から花柄をだし、八重の白色、淡紅色の花を数個つける。葉は互生、葉身は4-6cmの楕円形、縁に鋸歯がある。秋の同じ頃に開花するフユザクラは一重咲き。(花しらべより引用)

東山植物園で撮影しました。

バラ科サクラ属