サネカズラ

サネカズラ。花言葉は、再開。

山野の林縁に生育するつる性の常緑木本。雌雄別株または同株。7-8月に葉腋に1-2cmの淡黄色の花をつける。雌花は淡緑色の雌しべが球状に、雄花は赤色の雄しべが球状につく。葉は革質で光沢があり、互生、葉身は5-15cmの楕円形から卵形。果実は液果が集まった集合果で11月に赤く熟す。つるからとった粘液を水に溶かし整髪料に使ったことからビナンカズラの別名がある。(花しらべより引用)

赤塚植物園にて撮影。次回は花を撮影したいです。

マツブサ科サネカズラ属