カラタチ

カラタチ。花言葉は、思い出。

中国原産の落葉低木。名前は唐のタチバナ(橘)の意。若い枝は緑色で鋭い刺が互生する。4-5月に葉が出る前に、4cm程の香りのある白色の5弁花をつける。葉は互生し、3出複葉、小葉は3-6cmの長楕円形、葉柄に翼がある。ミカンの台木として利用され、以前は、鋭いトゲがあることから生垣として使われた。未熟果は薬酒にする。秋に果実が黄色く熟すが食用にはならない。(花しらべより引用)

花はまだ咲いていませんが、枝ぶりが、オリンピックにふさわしい!。なんか、走ったり跳ねたり!

星薬科大学にて撮影しました。

ミカン科カラタチ属