ヤクヨウサルビア

ヤクヨウサルビア。花言葉は、幸福な家庭。

地中海沿岸、北アフリカ原産の多年草。5-7月に茎頂に穂状花序をだし、1-2cmの紫または白色の唇形の花をつける。葉は対生し、葉身は4-8cmの長楕円形から卵形、表面が灰緑色の綿毛で覆われ、細かい縮れがある。古代ギリシャからハーブとして使われ、強い抗酸化作用があり老化防止効果があるため「セージを植えた家には死人が出ない」といわれてきた。(花しらべより引用)

星薬科大学薬用植物園にて撮影。

シソ科サルビア属