ウンナンオウバイ

ウンナンオウバイ。花言葉は、優美。

中国南西部原産で明治時代初期に導入された半つる性の落葉低木。茎が根元から多数分枝し、緑色の枝が垂れ下がる。1-4月に葉腋に3-4cmの黄色の花をつける。花冠は高杯形で6-8裂する。葉は対生、3出複葉、小葉は3-7cmの長楕円形。花はオウバイに良く似るが、ウンナンオウバイの花のほうが一回り大きい。庭木などで植栽される。(花しらべより引用)

本郷の道端で撮影しました。

モクセイ科ソケイ属