イカリソウ

イカリソウ。花言葉は、人生の出発。

太平洋側の山地の林縁に自生する多年草。名前の由来は、花の様子をイカリ(碇)に見立てた。3本の柄に3個ずつ葉がつくのでサンシクヨウソウ(三枝九葉草)の別名がある。春に、花茎の上部に白色から2-4cmの赤紫色の花をつける。細長い花弁が4個、楕円形のがく4個つき、距の中に蜜をためる。葉は2回3出複葉、小葉は4cm程の心形。(花しらべより引用)

写真は、黄色のイカリソウです。小石川後楽園で見つけたのですが、一般的なイカリソウではなく、まろやかな花ですよね。一見何か分からなかったのですが、ネットなどを検索すると、この形状この色のイカリソウが載っていました。

メギ科イカリソウ属