東京大学本郷キャンパスで突然変異の植物に遭遇

東京大学 赤門 突然変異の植物へ
東大で突然変異の植物を見ることができますよ!

東京大学本郷地区キャンパスは約54haの広さだそうです

東京大学 マップ 植物科東京大学は、本郷地区キャンパス、駒場キャンパス、白金台キャンパス、柏キャンパスがあります。その中で、圧倒的な広さを誇る本郷地区キャンパス。このキャンパスには本部が設置されており、ほとんどの学部の後期課程をこのキャンパスで履修します。

本郷地区キャンパスはさらに、本郷/弥生/浅野の3地区に分かれ、それぞれ本郷キャンパス、弥生キャンパス、浅野キャンパスと呼ばれます。本郷キャンパスの大部分は、かつて江戸時代の加賀藩上屋敷によって占められていました。附属病院の場所は、富山藩。弥生/浅野キャンパスは水戸藩でした。

赤門入って右に理学部生物学科の建物があります

東京大学 理学部生物学科 東京大学 理学部生物学科赤門はいつも多くの人が記念撮影しています。小学生ぐらいの子供を親らしき人が撮影していることもあります。目標東大!。
さて、この赤門をくぐり右手に折れると、伊藤国際学術研究センターがあります。その横を通り抜けて塀沿いに歩くと、理2号館(理学部生物学科)の歴史を感じさせる学び舎があります。懐徳門から入れば即左側です。その建物の周辺には、変わった植物が植えられていました

突然変異の緑のバラ

標識の文字を転記します。

東京大学 突然変異 緑 バラ 標識ここに植栽の緑花のバラは、コウシンバラ(Rosachinesis)の突然変異である。コウシンバラは、園芸的に広く栽培されているハイブリッド・ティー系統のバラ(一般にバラと認識されているもの)の祖先となった原種の一つ。園芸品種の四季咲き性は、このコウシンバラから由来している。緑の花を咲かせるこの突然変異体は、19世紀から記録のある古い品種であり、表現型そのままにViridiflora(viridis=緑;florus=花)という品種名で知られる。葉が変形して花器官となっていることが、一見してみて取れる表現型である。本品種もコウシンバラ一般と同様に非常に強健で、やはり四季咲き性を示す。

花をご覧ください

東京大学 突然変異 緑 バラ 東京大学 突然変異 緑 バラ 東京大学 突然変異 緑 バラ 東京大学 突然変異 緑 バラ 東京大学 突然変異 緑 バラ 東京大学 突然変異 緑 バラ

椿の変異体「七変化」

標識の文字を転記します。

東京大学 突然変異 椿 七変化江戸時代は、奇妙な形態をした変異体に対して、園芸的な価値が認められた希有な時代であった。ここに植栽の椿の1品種「七変化」も、その頃から伝えられている変異体である。

絵柄に、達筆の説明がありましたが、これはその図をご覧ください。草木気品家雅見(そうもくきひんかがみ)1827年の書物からの抜粋でした。

 

 

東京大学 突然変異 草木奇品家雅見『草木奇品家雅見』
『草木奇品家雅見』は文政十年(1827)、種樹家増田金太によって刊行された、斑入りなどの植物の奇品約500点を紹介した図譜。ツバキは26種描かれている。 これまでのツバキの図は花を中心に描かれていたが、『草木奇品家雅見』は斑入りの葉と葉の形状を中心に描いている。

葉をご覧ください。

東京大学 突然変異 椿 七変化 東京大学 突然変異 椿 七変化 東京大学 突然変異 椿 七変化 東京大学 突然変異 椿 七変化

 

このほか、イヌムラサキシキブやトケイソウなどの標識もありました。珍しい花がこの建物の周辺に植栽されていますので、お近くにお越しの節は是非ご覧ください。

(文責:大久保 優)