ケマンソウ

ケマンソウ。花言葉は、従順。

中国の河北省や四川省の雑木林に自生し、江戸時代に導入された多年草。名前の由来は、多くの花がぶらさがる様子が仏堂にあるケマン(華鬘)に似ることから。花が茎に吊られている様子からタイツリソウ(鯛釣草)の別名がある。4-6月に茎に総状にぶら下がって3cm程の淡紅・白色の花を数個から十数個つける。花びらは内側・外側2枚ずつ合計4枚。外側の花びらは下部が袋状で先が細くなり外側に反り、内側の花びらは白色で雄しべと雌しべを包む。葉は2回3出羽状複葉で、小葉は細裂する。全草にアルカロイドを含む有毒植物で誤食すると嘔吐・下痢・心臓麻痺を起こす。(花しらべより引用)

本郷二丁目の道端で撮影しました。

ケシ科ディケントラ属