キンギンボク

キンギンボク。花言葉は、協力を得る。

別名ヒョウタンボク。キンギンボク。ヒョウタンボクのいわれは、実が2つ接して、ヒョウタンみたいに見えるから。また、白色から次第にクリーム色に変わることからキンギンボクと呼ばれたりもします。

原産地は日本。4月〜6月に花を咲かせます。初めは白く、次第にクリーム色になるのですが、金銀同時に観察できます。だからキンギンボクなのですね。

匂いも甘くてさぞかし美味しい実がなるのかと思いきや、実は猛毒なのです。

この花は、東京大学本郷キャンパスの突然変異のバラの近くに咲いています。

スイカズラ科スイカズラ属