京王フローラルガーデンANGEは、花撮影に魅力的な欧風庭園

京王フローラルガーデンアンジェの看板

11月の下旬。花が少なくなる時期の訪問でしたが、思いの外たくさんの花に迎えられました。アンジェとはエンジェル(天使)を意味し、Amenity Natural Garden of Europe の頭文字でもあるそうです。これを見てもわかるように、欧風庭園です。

(2018.11.25訪問)

新宿から京王線で約30分で到着します

京王多摩川駅 看板京王線で準特急高尾山山口行きに乗り、調布で乗り換え。調布から1駅目の京王多摩川下車徒歩1分です。

改札は2つありますが、後ろ側の通常の出口を出ましょう。

入場料500円だけのことはあるガーデン

京王フローラルガーデンアンジェ 入り口 チケット販売機通常の植物園だと、入場料は数百円ですが、ここは500円とちょっと高めでした。でも、それ故にたくさんの花を丁寧に育てている感があります。とはいえ、冬の花は少なくなるからでしょうか、1月から2月の入園料は300円と、お安くなります。

まずは入り口でチケットを購入して入ります。チケット販売機は1台のみ。

面積は17,000m2。後楽園球場のグラウンドを少し広くした広さです。

京王フローラルガーデンアンジェ 案内図10のガーデンに分けられています。入り口を入ると、ウォータガーデン。が待ち構えます。右手に行けばチェリーガーデン。イベントセミナールームから回れば、ドッグウッドガーデン、ロックガーデン、カナールサイドガーデンが続きます。右手に進めばボーダーガーデン、ローズガーデンに至ります。

フローラルガーデンアンジェは川で2つに仕切られています。橋は2本あり、橋を渡るとマグノリアガーデン、そして芝生のロウンガーデンとなります。

三脚使用はOKです。

京王フローラルガーデンアンジェ 撮影注意事項この京王フローラルガーデンアンジェはテレビドラマやCMなどのロケでもよく使われるそうです。小栗旬主演のリッチマンプアーウーマンとか、石坂浩二主演のやすらぎの郷とか、趣味の園芸とか。撮影には当然許可が必要で、ドラマだと台本を提出しなければならないなどの制約があります。

さて、個人での趣味の撮影に関しては特に制約はなく、三脚も、花壇内には足を入れないこと、他の客の迷惑にならないこと、など、一般的な常識を守れば問題ないそうです。

併設のバーベキューは賑わっていました

バーベキューの画像私が訪問した時は、天候も良く、バーベキューが賑わっていました。ちょうどローズガーデンの脇でバーベキューをするのですが、バラの良い香りに、肉のいい香りがなんとなく混じっているような気がしました。

子供連れの家族が多く、小学生ぐらいでしょうか、食後は植物園内を鬼ごっこなどして遊んでいました。ここには、自販機もあり、水分補給は問題なしですね。

レストラン馬車道が横にあります。昼食も心配いらず。

京王フローラルガーデンアンジェ 入り口 奥にレストラン馬車道昼食は奥にあるレストラン馬車道が便利です。手頃な価格のファミレスです。

京王フローラルガーデンアンジェで撮影した花たち

写真をタップすると拡大されます。

2018.11.25撮影

 

アンジェの公式ホームページ→http://www.keio-ange.info/

(文責:大久保 優)