百日草

百日草(ジニア)。花言葉は、遠い友を想う。

メキシコ原産で江戸時代末期に導入された一年草です。開花期間が長いことをヒャクニチ(百日)に例えたそうです。

ジニアは、夏に花を咲かせ、秋に近づくにつれてより鮮やかな花色へと変化する植物です。日がよく当たると花を開き、日が足りないと閉じる、という面白い習性がある花です。

キク科ジニア属