コムラサキ

コムラサキ。花言葉は、聡明、気品、知性。

別名コシキブ。

山野の湿った場所に自生する落葉低木。枝が枝垂れ、7-8月に葉腋のやや上から集散花序をだし、淡紫色の小さな花をつける。花冠は4裂し雄しべと雌しべが突き出る。葉は対生し、葉身は3-7cmの倒卵状楕円形、先が尖り、上部の縁に鋸歯がある。自生は少なく庭木や公園樹などで植栽され、ムラサキシキブの名前で流通している。果実が白色のものはシロシキブと呼ばれる。(花しらべより引用)

紫の綺麗な実と、なんだか分からないけど、スパイラルの枝が気になって撮影しました。新宿御苑大木戸門休憩所横です。

シソ科ムラサキシキブ属

前の記事

薔薇