ハマベマンテマ

ハマベマンテマ。花言葉は、ナデシコ科なので大胆❗️ とします。

ヨーロッパ原産で原産地では海岸の砂地や崖などに自生する多年草。マンテマは江戸時代末期に鑑賞用に導入された。変種が多く形態の変化が多様。5-7月に2cm程の白色や淡紅色の5弁花をつける。花弁は2深裂し、萼はふくろ状。葉は対生し、葉身は倒卵形から披針形。庭植えや鉢植えなどで利用される。(花しらべより引用)

実に可愛らしい花ですね。10月初旬に咲くやこの花館にて撮影しました。ちょっと時期がズレましたが、とても可愛いのでアップします。

ナデシコ科シレネ属