フヨウカタバミ

フヨウカタバミ。花言葉は、輝く心。

別名オキザリス・プルプレア。

南アフリカ原産で明治時代中期に観賞用に導入された球根草。名前は花がフヨウ(芙蓉)に似るオキザリスの意。11-4月に4cm程の白色、淡紅色の5弁花をつける。葉は3小葉、葉身は2cm程の円形から広菱形。(花しらべより引用)

オキザリストリアングラリスの仲間なのでしょう。葉の形がそんな雰囲気を醸し出しています。

カタバミ科オキザリス属