サクラソウ

サクラソウ。花言葉は、青春のはじまりと悲しみ、希望、神秘な心。

山地や河原などのやや湿り気のある草地などに自生する多年草。3-5月に茎先に散形花序をだし、3cm程の淡紅色や白色の花を数個つける。花冠は高杯形で5深裂する。葉は根生し、葉身は4-10cmの楕円形でしわが多い。有毒植物で葉・茎・花に触れると皮膚炎を起こすおそれがある。自生地は少なくなっており、さいたま市の田島ヶ原サクラソウ自生地には国の特別天然記念物に指定されているサクラソウの群落がある。園芸店でサクラソウという場合は、「西洋サクラソウ」のプリムラをさす。(花しらべより引用)

本郷の脇道に鉢植えで咲いてました。この茎が ヒラ麺というか、きしめんというか、平らなんです。

サクラソウ科プリムラ属