フクジュソウ

フクジュソウ。花言葉は、永遠の幸せ。

山地の日当たりの良い場所に自生する多年草。スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつ。早春に開花し新春を祝う縁起の良い花とされる。1-4月に枝先に4cm程の光沢のある黄色の花を上向きにつける。花弁は10-20個つく。日が当たると花が開き、夕方や曇りの日は閉じる。葉は互生し、3-4回羽状深裂する。1月1日の誕生花。代表的な園芸品種には福寿海がある。正月に寄せ植えの鉢が販売される。全草に強心配糖体を含む有毒植物で誤食すると嘔吐・心臓麻痺を起す。国内には、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、シコクフクジュソウ、フクジュソウの4種が自生する。(花しらべより引用)

小石川植物園にて撮影。

キンポウゲ科アドニス属