アリッサム

アリッサム。花言葉は、優美。

地中海沿岸、、カナリア諸島原産の一年草。属名のLobularia はラテン語のlobulus(小さな莢)が語源で、この植物が小さな実をつけることに因む。名前の由来は、小花が甘い芳香を放ち、花がアリッサムに似ることから。枝を広げ横に広がり、9月から翌6月にかけて茎頂に球状に総状花序をだし、小さな白・淡紅・赤・紫色の十字形の4弁花を多数つける。葉は3cm程の披針形から長楕円形。花壇や吊り鉢などで利用される。(花しらべより引用)

渋谷にて撮影。

アブラナ科ロブラリア属