スノーフレーク

スノーフレーク。花言葉は、純粋。

地中海沿岸地方原産で昭和時代初期に導入された球根草。属名のLeucojumはleukos(白)とion(スミレ)が語源で、花が白く、スミレのような芳香があることに因む。3-5月に花茎の先に、1cm程のスズランのような釣鐘形の花を数個つける。花冠は6浅裂し、先に緑色の斑点があるのが特徴。同時期に咲くスノードロップによく似るが、花被片が異なる。葉は40cm程の線形で直立する。花壇や鉢植えなどで利用される。全草にアルカロイドを含む有毒植物。(花しらべより引用)

本郷二丁目交差点で撮影しました。

小さな花です。

ヒガンバナ科レウコユウ属