オニノゲシ

オニノゲシ。花言葉は、毒舌。

ヨーロッパ原産の二年草。1892年に東京で確認された帰化植物。全国の道端や空き地に普通に見られる。茎は中空で草丈は50-100cm。茎頂に散房花序をだし、3cm程の黄色の頭花をつける。頭花は舌状花のみで多数つく。葉は光沢があり、互生、羽状深裂、基部は丸く張り出し茎を抱く。ノゲシに似るが、葉には鋸歯があり鋸歯の先が刺状、一回り大きく、全体に荒々しい。開花の最盛期は春から秋だが、暖地では年中開花する。(花しらべより引用)

本郷二丁目の道端で撮影しました。

キク科ノゲシ属