ハナニラ

ハナニラ。花言葉は、悲しい別れ。

アルゼンチン原産で明治時代に観賞用に導入された球根草。空き地や土手などで野生化している帰化植物。名前の由来は、花が美しく、葉にニラやネギのような匂いがあることから。3-5月に茎頂に3cm程の6弁花を一個つける。葉は10-30cmの線形。非常に丈夫で、球根が分球するだけでなく、こぼれ種からも増えてゆく。グランドカバーや鉢植えなどで利用される。(花しらべより引用)

憂いを秘めた花の印象から「悲しい別れ」を思わせるそうです。

ネギ科イフェイオン属