コデマリ

コデマリ。花言葉は、努力。

中国中部原産で古い時代に導入された落葉低木。名前の由来は、小さな白色の花を球状につける様子を小さなテマリ(手毬)に例えた。枝は弓なりに垂れ下がり、3-5月に枝先に球状に散房花序をだし、1cm程の白色の花を多数つける。葉は互生し、葉身は2-4cmの菱状狭卵形、先は尖り、縁に粗い鋸歯がある。庭木や公園樹で植栽される。(花しらべより引用)

バラ科シモツケ属