スマホでダリアを撮影:新宿から約1時間で行ける素敵なダリア園

町田ダリア園に行ってみませんか。
新宿から1時間少々でダリア園に着きます。
電車とバスを使いますが、交通の便はとても良いですよ!

町田ダリア園のダリア

2019.8.16 訪問

町田ダリア園は新宿から1時間少々で行ける交通の便のよい施設です

町田ダリア園 入口インスタグラムで町田ダリア園のダリアをよく見るようになり、とても気になっていました。でも、町田ダリア園は遠くて、バスの便も悪そうで、しかもとっても暑そうで、行きたいと思いつつ足が遠のいていました。猛暑も多少緩んできたので、今回調査も兼ねて訪問しました。

新宿から町田までは30分強で到着します。5番線です。

小田急電鉄

新宿から小田急線に乗車し、町田で下車します。新宿から町田までは、快速急行で約35分、急行で約40分です(それぞれ時間帯で異なります)。各駅停車ですと、1時間もかかります。快速急行はおよそ10分に1本の割合で出ていますので、こちらを利用しましょう。

乗り場は5番線です!。運賃は370円(2019.8.16現)。

町田駅からは21番バス停からバスで12分。下車後徒歩10分です。

町田駅北口町田駅は北口に出ましょう。北口出口を出たらまっすぐ線路に沿って歩き、踏切を左折すると21番バス停が見えます。

町田駅21番バス停

北口からバス停まで徒歩3分ぐらいです。
バスは「鶴川駅行き」と「本町田経由野津田車庫行き」の2系統が出ていますが、どちらに乗ってもOK!です。2系統利用できるので、本数は多く、10分も待てば必ずバスが来ます。とても便利です。
運賃は240円。

12分ほど乗車し、「今井谷戸」で下車します。降車後徒歩約10分です。

「今井谷戸」からの案内はこちら

道は上り坂になりますので、ちょっとタフかな??

広さは15,000m2。およそ東京ドーム球場のフィールド1つ分です。

町田ダリア園野球場1つ分とはいえ、入口からさらに坂を登りながら鑑賞するので、ちょっと足腰の鍛錬になります。入口から全体を見ることができますので、どこからどう行こうか?を花の咲き具合を見て決められるのがいいですね。

園内は500種類、4,000株のダリアを栽培

 

町田ダリア園看板日本一のダリア園、山形県の川西町の「川西ダリア園」から、球根の寄付を受けたりして、昭和60年(1985年)6月に開設されました。

開園期間と見頃の時期

町田ダリア園 全景ざっくり毎年7月~10月に開園と思ってください。年によって変わります。
そして、大切なのは、夏のダリアの見頃は7月末。秋のダリアの見頃は9月末。であり、8月お盆時期は最も花が少なくなる時期です。
夏のダリアは、大輪で、ゴージャス。秋のダリアは小ぶりでプリティーなのです。
町田ダリア園では、8月16日現在、花が3割程度のため、500円の入園券のうらに、「再入場可能」のスタンプを押してくれます。このチケットでもう一回入場できるのです。花は少ないですが、それなりに咲いているので、ある意味お得です。

夏は休憩所木花(もっか)を利用しましょう

町田ダリア園の休憩所入場する手前に「まちだ福祉作業所」の建物があります。ここで休憩できます。とにかく、夏は涼しくて快適です。
私はここで500円のおそばをいただきました。美味しかったです。

町田ダリア園のそば

町田ダリア園は4ヶ月程度の開園ですが、この建物は1年中利用可能だそうです。

町田ダリア園のお花屋さん花菜(はなな)というお花屋さんがあり、ここも正月三が日以外は年中無休で販売しており、それに合わせて、木花(もっか)も開店しているようです。

花は通路から即撮影できるのでスマホ撮影に優しいです

町田ダリア園 通路から 色々な角度から撮影できるレイアウト。スマホで楽チン撮影できます。もちろん、一眼望遠マクロ三脚など使って、会心の写真を撮ることもできます。
入口脇には伊藤園の自販機があります。給水忘れずに!

8月16日のダリア

お盆の時期は花の数が少ないと言われていますが、ずいぶん沢山のダリアを撮影できました。画像をクリックすると大きく表示されます。

2019年8月16日撮影

 

(文責:大久保 優)